カウネットのカタログお申込みサイト

無料カタログお申込み
会員登録する会員登録する

店頭や入口、受付に置くアルコール消毒液おすすめ7選

消毒液の入手が難しい時期はとにかく手に入るものを設置していたかもしれませんが、今は様々な商品から選択して入手することができるようになりました。たくさんある消毒液から購入するものを選ぶ際は、どのような基準で選んだらいいのでしょうか。消毒液の扱い方の注意点やおすすめの商品を紹介しますので参考にしてください。

医薬品や医薬部外品を選ぼう

アルコール消毒液を選ぶときの一番のポイントは医薬品や医薬部外品、もしくは指定医薬部外品と記載されている商品を選ぶことです。厚生労働省のHPでも、効果のない商品が出回っている点で注意が呼びかけられています。医薬品や医薬部外品、指定医薬部外品の記載があるものは、品質・有効性・安全性が確認されたものなので、消毒液を選ぶ際は一番に確認するようにしましょう。

正しい手指の消毒除菌方法

手指消毒は手洗いとアルコールでの消毒が有効といわれているため、まずは混同しやすい除菌、消毒の意味を確認しましょう。除菌は、菌やウイルスを減らすことで、消毒は無毒化することです。消毒液については医薬品や医薬部外品ではない商品に「除菌」と表示されていることが多く、アルコールでのウイルス対策は「除菌」では不十分であることを意識しておきましょう。

手洗いによる除菌

ウイルス対策に有効な手段として手洗いがあります。ハンドソープやせっけんを使って流水で15秒以上洗い流せば、手指の菌やウイルスを1万分の1に減らすことができます。きちんと手洗いをすればその後のアルコール消毒は必要がないほど有効な手段です。

アルコールでの手指消毒

手洗いが難しい場面で奨励されているのが、アルコールでの消毒です。アルコールでの消毒は70wt%~95wt%の濃度のものを手指にしっかりとすりこみます。70wt%以上のものが手に入らない場合は、アルコール濃度が60wt%台の濃度のものでも一定の効果があるようです。

アルコール消毒液は60wt%以上(容量の場合67vol%以上)のアルコール濃度になると、消防法上危険物の扱いになります。奨励されている70wt%~95wt%の濃度のアルコール消毒液は危険物となりますが、80L未満の量であれば保管していても届出や許可は必要ありません。ただし、危険なものではあるので取扱いには以下の点で注意しましょう。

・火気の近くで使用しない

・詰め替えは換気をしておこなう

・保管は直射日光の当たらない涼しい場所でおこなう

次亜塩素酸水や次亜塩素酸ナトリウムは手指消毒にはNG

アルコール以外に消毒液として有名な次亜塩素酸水や次亜塩素酸ナトリウムですが、これらは手指消毒には使用せず物を消毒する際にのみ使用します。ウイルスや菌を無毒化する消毒の効果はあるものの、効果のある濃さの溶液を肌につけた際の安全性が確認されていないため、手指消毒には使用しないようにしましょう。

アルコール消毒液を選ぶ4つのポイント

医薬品や医薬部外品だけに絞っても、まだまだ手指の消毒液にはたくさんの種類があります。その中からどのような基準で選ぶといいのか、ポイントを4つ紹介します。

用途によって有効成分を確認する

アルコールが有効成分ではあっても、さらに殺菌効果を高めるためにアルコール以外の消毒剤を使用している商品もあります。アルコール以外の消毒剤を使用していても医薬品や医薬部外品であれば安全性に問題はないので、会社の受付やスーパーの店頭に置くにはいいでしょう。しかし、飲食店の入口など口に入る可能性がある場所では、食品添加物のみで作られている消毒液を選んだほうが利用者も安心して使うことができます。

保湿成分の有無

一日になんども消毒液を使用していると手荒れになることがあります。手荒れは細菌増殖のリスクがあがりますし、なにより日常生活が辛くなります。消毒が避けられない今は、少しでも手指への負担を減らすために保湿成分配合の商品も多くあります。保湿成分の配合によって使用感が変わってくることもあるため、選ぶ参考にしましょう。

容量

数人の事務所の入り口に設置するのか、大人数が出入りする店頭に設置するのかで一日の使用量が変わります。設置する場所にあったサイズのボトルを選択することで、詰め替えのストレスと消毒液切れのリスクを減らしましょう。

メッセージつきもおすすめ

ボトルに「手指の消毒をしましょう」などの表示がある商品を選べば、利用を促すPOP作成の手間を省くことができます。常設の場所ではなく、イベントなど場所を移して使用する可能性がある場合は、煩雑なPOP設置作業をなくせるスマートなメッセージつきボトルがおすすめです。

受付におすすめのアルコール消毒7選

 

花王 ハンドスキッシュEX

価格 430円~(税込) 391円~(税抜)
分類 指定医薬部外品
アルコール度数 65vol%
保湿成分 あり
スプレー容器 150ml、500ml、800ml
詰め替え 800ml、4.5L

アルコールが乾いた後はさらっとした使い心地なので、手指消毒後手袋をつける際もストレスなく装着できます。アルコール濃度は60vol%台ですが、消毒剤のベンザルコニウム塩化物配合でしっかりと手指を消毒してくれます。詰め替えはノズルを付け替えるだけのタイプと、中身をつぎ足す詰め替えタイプがあるため用途に合わせて選択してください。スタイリッシュなデザインのボトルもラインナップされているため、設置場所の雰囲気に合わせて選ぶことができます。

花王 ハンドスキッシュ

価格 993円~(税込) 903円~(税抜)
分類 指定医薬部外品
アルコール度数 79.2vol%
保湿成分 あり
スプレー容器 800ml
詰め替え 4.5L

高濃度アルコールの手指消毒液のため、しっかりと消毒をすることができます。また、手荒れを防ぐための保湿成分も配合しており、高頻度な消毒にも安心です。成分が食品に使われている成分のみで構成されているため、食品を扱う現場での使用におすすめです。

花王 ビオレu 手指の消毒スプレー

価格 294円~(税込) 268円~(税抜)
分類 指定医薬部外品
アルコール度数 65vol%
保湿成分 あり
スプレー容器 30ml、400ml
詰め替え 400ml、420ml

消毒の有効成分にはベンザルコニウム塩化物を使用し、手指をしっかりと消毒します。容量が400mlと小さめのボトルなので、少人数事務所や利用者の少ない施設での利用がおすすめです。低濃度アルコールですが、保湿成分も配合されているため手指に優しい商品です。

カウネット 受付にちょうどいい手指消毒液

価格 979円~(税込) 890円~(税抜)
分類 指定医薬部外品
アルコール度数 65vol%
保湿成分 あり
スプレー容器 600ml
詰め替え 600ml、1L、5L

消毒剤のベンザルコニウム塩化物配合でしっかりと手指を消毒し、保湿剤も配合しているため安心の使い心地です。パッケージに手指消毒を促すメッセージつきなので、そのまま受付や店頭におくことができます。使用開始日や詰め替え日をわかりやすく記入することもできるため、衛生的な管理が可能です。

アルボース アルボナース

価格 547円~(税込) 498円~(税抜)
分類 指定医薬部外品
アルコール度数 65vol%
保湿成分 あり
スプレー容器 100ml、500ml、1L
詰め替え 500ml、900ml、1L、4L

アルコール濃度60vol%台ですが、消毒の有効成分にベンザルコニウム塩化物を配合ししっかりと手指を消毒することができます。3種の保湿剤配合で手指に優しい点も嬉しいポイントです。携帯用の100mlスプレーボトルから1Lの大容量スプレーボトルまであるため、用途に合わせた幅広い選択ができます。詰め替えには900mlのパウチタイプもあり、ゴミの削減にも有効です。

サラヤ アルペット手指消毒用

価格 1,386円~(税込) 1,260円~(税抜)
分類 指定医薬部外品
アルコール度数 79vol%
保湿成分 なし
スプレー容器 1L
詰め替え 5L

食品添加物として使用される成分で合成しているため、食品を取り扱う現場での使用に最適なアルコール消毒液です。スプレーボトルは1Lと大容量なので、大人数での利用でも詰め替えの手間を最小限にできます。

カウネット みんなで使おう!手指消毒液 保湿成分配合タイプ

価格 1,097円~(税込) 998円~(税抜)
分類 指定医薬部外品
アルコール度数 78.6vol%
保湿成分 あり
スプレー容器 1L
詰め替え 5L

高濃度アルコール消毒液で手指をしっかりと消毒してくれます。2つの保湿成分を配合しているため、手指に優しい使い心地です。大容量スプレーボトルで消毒を促すメッセージつきなので、大人数が出入りする店頭やイベントの受付などにもおすすめです。

5ベストなアルコール消毒液を選ぼう

アルコール消毒液は種類が多く、アルコール濃度の違いだけでなく保湿剤の有無や容量の違いなど選ぶポイントがたくさんあります。使う場所や人数にあわせてベストなアルコール消毒液を選んでみてください。

関連記事

新着記事

カテゴリーから探す